「余計なことをする」って英語で何て言う? – File No. 0060



「余計なことをする」って思ってしまった時に、英語が出てきませんでした。ちょっと考えてこの意味を説明する感じで、とりあえず、英語で言ってその場を回避しました。例えば、こんな感じで、

 

He did I don’t want.

彼は、私の望まないことをした。

 

アルクの英辞郎 on the web で調べてみました。

 

余計なことをする

bring owls to Athens

hold a candle to the sun

look for trouble

make work

 

なるほど、イディオム的な言い方があるんですね。

 

bring owls to Athens 「アテネにフクロウを送る」文化を知らないので良くわからないです。フクロウはアテネの象徴であるようです。それをギリシャのアテネに送るという、余計なことをするってことですね。

 

hold a candle to the sun これ、hold a candle to「〜と比較できる、〜と同様のことをする」という意味らしいです。

 

look for trouble 「トラブルを探しに行く」、「わざわざ自分で災いを招くようなことをする」ってニュアンスのようです。少し、意味がわかるようになってきました。

 

make work「余計なことをする」と意味になるそうで、ちなみに make-work「不必要な作業」と言う名詞です。おそらく、「わざわざ仕事を作る」ってことなんだろうと思います。

 

こんなのも、ありますよ。

 

余計なことをするな!

Knock it off!

 

「止めとけ、よせ!、黙れ」に近いフレーズです。

 

「余計なことをしゃべる」となると、こんな感じで言えますよ。

 

He opens his big mouth.

彼は、余計なことまでしゃべる。

 

あと、シンプルに「余計なことをしてしまった」は、

 

I shouldn’t have done it.

そんなことするんじゃなかった。

 

なので、上の「余計なことをしゃべる」はこの応用で、

 

I said something I souldn’t have.

余計なことを口にしてしまった。

 

とも言えます。

 

プロゴルファーの宮里藍選手はアメリカPGAに参加していますが、Youtubeで英語でのインタビューを観ることができて、その流暢さにびっくりしました。でも、たまに日本語で答えてしまうことがまだあるようです。本人によると、普段は英語で考えて話しているそうなのですが、急に日本語で考えてしまう時があるそうで、その時は英語が全く出てこなくなるそうです。

 

今回の「余計なことをする」もそうですが、知らない英語の表現をどんどん減らしていく作業がこれから必要なんだと痛感しました。みなさんも、Youtube で色々な著名人の英語力を見るのも刺激になって良いと思います。こんな簡単な表現で言えるんだと言うことが結構分かるので勉強になりますよ。

 
tarojohn

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>