as の使い方を学ぶ① as ~ as – File No. 0057



仕事が落ち着いて暇なので社内チャットで同僚に英語の質問をしてました。普段疑問に思ってた as の質問をしてみました。それをまとめてみました。

 

最初の as は、お馴染みのものから。

 

small as a mouse

ネズミと同じくらい小さい

large as an elephant

象と同じくらい大きい

 

as それ自体では比較をするために使います。これは、文法としての決まりですが、small as a mouse の前に文章が足される場合は、as を二つ使う必要があります。

 

You are as small as mouse.

あなたは、ネズミぐらい小さい。

The dog is as large as an elephant.

その犬は象くらい大きい。

 

そこで、質問してみました。次のように言えるかどうか。

 

The dog is large as an elephant.

 

そしたら、答えは「文法的に二つ必要なんだよね、英語は気まぐれなんだよ。」だそうです。そして、「こういう言い方は出来るよ。」ということで、次の文。

 

The dog is large, like an elephant.

その犬は大きい、象くらいに!

 

とは、言えるようです。

 

なぜ、 as ~ as と挟むのかを文法的に調べてみると色々出てきます。たとえば、最初の as は副詞で「同じくらい」の意味があって、何と同じくらいなのかを接続詞の as の後ろで説明しているという見方もありました。なるほど、と思いますが、ネイティブは、なんで as ~ as になるのか分からないって言ってるんですよね。なのに、僕らが分かるようになる必要があるのかとも思ってしまいます。ネイティブ(ここでは自分の同僚)の感覚では、 large as an elephant つまり、 large = an elephant というのが根本にあるようです。

 

なので、僕の覚え方はこれでした。単純です。

 

The dog = large = an elephant.

 

シンプルに考えて、さらに、文法だからしょうがないと思うことにしてます。英語はたまに割りきりが必要です。

 

tarojohn

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>