「考えさせられる」って英語でなんて言う?- File No. 0055



ドキュメンタリー、映画やアニメなど何か観た後に、「考えさせられる」内容だったりすることってありますよね。そんなことを、英語でなんて言いますか?

 

I was thought …

 

とか言ってしまいそうです。でも、そんな言い方は無いんです。答えは、

 

thought-provoking something

考えられる~

 

です。

 

thought-provoking documentary

考えさせられるドキュメンタリー

thought-provoking article

考えさせられる記事

 

のような使い方ができますよ。

 

【ジョンの一言】

 

John: そうだね、確かに think の過去形・過去分詞で thought って言うけど、I was thought ってないねぇ。気持ちは分かる。thought は、過去形とかよりも名詞としての thought 「考え」の方がよく使われるかな。あとは、be thought だと、「思われている」ってなるよ。

 

I was thought of as the person who broke the vase.

私はその花瓶を割った奴だと思われていた。

 

ちなみに、provoke には「起こさせる、誘発する」という意味があります。なので、thought-provoking は「考えを起こさせる」というのが直訳です。

 

これは、知らないと全く言えないし、聞いても provoke の意味をちゃんと理解していないと分からない表現ですね。

 

tarojohn

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村

英語学習サイト qqeigo

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>