nevertheless が覚えにくいのです。- File No. 0049



どうも、nevertheless が前からうまくイメージをつかめません。出てくる度に辞書を調べていました。今回、メールのやり取りで、相手がやたらと文章の中に nevertheless を入れてくる訳です。なので、イメージをつかむ事が出来る様になりました。さて、意味は、

 

nevertheless
にもかかわらず、それにしても、とは言っても

 

と言う訳がよく当てはめられますね。

 

でも、実際は日常会話では殆ど聞かないです。だから、今まで覚えられなかったんですね。実際の会話では However とかで代用されてます。nevertheless はこんな感じです。

 

never + the less

 

the lessnever で否定してます。例えば、

 

This is the ramen shop I like the most.
ここは、私の一番好きなラーメン屋さんです。

 

the less を使うと、

 

This is the ramen shop I like the less.
ここは、一番嫌いなラーメンショップだ。

 

そこで、the lessnever で否定すると、

 

This ramen shop is not popular, nevertheless I like it.
このラーメン屋さんは人気がない、とは言っても私は好きだけどね。

 

never「ではない」+ the less「1番ダメ」= 1番ダメではない
the less は、「ますます非常に小さい」が根本です。

 

nevertheless は、buthowever と入れ替えられます。

 

他に見掛けるのがこれ

 

That said,
とは言うものの、とは言っても

 

日本語に訳すと、However = しかしながらnevertheless = それにもかかわらずbut = しかしthat said = とは言うものの と、それぞれ違う日本語に何となく当てはめられてる気がします。それが、人によって1つの単語を覚えにくくしている原因なのかなと思います。

 

しかし、ニュアンスはそれぞれ違うものの、これらはコントラストを表現している単語であるというだけで、ある程度からは訳すと言うよりも対比をするものとして覚える方が良いです。

 

あとは、それぞれの単語が、副詞なのか、接続詞なのかで、使われ方が変わります。

 

nevertheless は、副詞なので、文頭、文中、文尾に使う事ができます。but は接続詞としての時に「しかし」の対比の意味になります。However は、副詞、接続詞、で「どんなに〜でも」と言う意味になる時もあるし、「しかしながら」になる時もあります。前後の文章で意味が変わる単語です。どちらにしても、コントラストを表現する単語ではあります。

 

他に、前置詞としてコントラストを表現できるのは、despitein spite of もあります。これも、「にもかかわらず」と訳されますね。

 

although, though, eventhough も、コントラストを表現してますよ。ついでに nonetheless も覚えてしまいましょう。ちなみに、nonetheless と nevertheless は、nevertheless の方が良く用いられるようです。nonetheless は文末によく使われるのですが、どちらも意味は同じです。

 

コントラスト表現を抜出してみます。

 

but
however

nevertheless
nonetheless

despite
in spite of

although
though
eventhough

that said

 

なんとなく、グループ毎に分けてみました。辞書で調べるとそれぞれが違った日本語で表現されているのですが、ほぼニュアンスは一緒です。あとは文法的に使い分けているようですね。とは言え、ネイティブは文法なんて考えていません。雰囲気で使い分けているんですね。全部使える様になる必要はなくて知ってるだけで良いと思います。あとは、自分の言い易いものをピックアップして使える様になりましょう。

 

tarojohn


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>