バックパックを盗まれた!そして、その対応を学ぶ。- File No. 0033



昨年の夏、図書館で勉強中にやられてしまいました。完全に不注意でしたね、いつも近くの人に見ておいてもらうのですが、少しだけ離れるのに気を抜いてしまったんです。

 

My backpack was stolen at library.
バックパック盗まれちゃった、図書館で。

 

簡単ですね。良く聞く間違えが、これ。

 

I was stolen my backpack at library.
私は盗まれた、バックパックを、図書館で。

 

気持ちは分かりますよね。これ、文法が同じコリアンには普通に通じると思いますけど、ネイティブには、めちゃくちゃです。でも、back pack っ言ってるから分かると思いますけど。

 

動詞は、基本的には動詞の次の単語に圧力を掛けるイメージです。

 

Someone stole my backpack.
誰かが私のバックパックを盗んだ。

 

なので、財布を盗まれた場合は、

 

My backpack was stolen by someone.
私のバックパックは誰かに盗まれた。

 

となります。

 

では、「私」が主語で、「〜を盗まれた」って言い方はないのかというと、次のような言い方になるんです。

 

I had my backpack stolen.
私はバックパックを盗まれた。

 

have + something + 過去分詞
〜を〜される

 

となります。なので、話しだす時に「私は」ってなるのであれば、上のような言い方をすれば良いと思います。

 

今回、バックパックを盗まれて色々と勉強しました。警察に届けを出したり、旅行傷害保険を適用させたりで大変でしたが、今となってはプラスとなることも多かったと思っています。

 

もし、海外で盗難にあったら?

 

まず、海外で盗難に合った場合は、すぐに警察に届けをまず出しましょう。そこで、Police report というものを発行してもらいます。これは、紛失・盗難証明書というものなのですが、これを VISAなどのカード会社に提出することになるので、必ず発行してもらって下さい。

 

クレジットカードには旅行傷害保険が付帯していることが多いと思います。必ず確認しておきましょう。僕の場合たまたま日本に一時帰国をしていたので、渡航してから3ヵ月以内ということで旅行障害保険が適用されることが出来ました。

 

Police report を発行してもらい、クレジットカード会社に連絡して書類を発行してもらいます。その書類には盗難された品物を記入する項目がありますので、詳細に書きましょう購入年月日・購入場所・購入代金、そして、保証書かレシートが必要になります。今回、ほとんどレシートがなかったので、取り寄せられるものはお店に直接連絡をして、データが残っているものは、郵送してもらいました。無い場合は、保証書か商品についていたモノでもなんでも良いと思います。とにかく、所有していたという証明が出来れば良いと思います。

 

ちなみに、眼鏡などは眼鏡屋さんに視力のデータなどと一緒に購入情報も保管されていると思います。なので、問い合わせて盗難の旨を伝えれば、領収書を発行してもらうことが出来ますよ。

 

実際のところ、どこまで保証されたかは分からないのですが、保証書やレシートがなくてもバックパックの中に入っていたモノは全て記入しました。幸運にも、かなりの額が保証されたので、また買い直すことが出来ましたが、それでも同じものを購入することはできないものが殆どです。気に入っていたものも多数ありました。中には、度入りのサングラスなど高価なものもあり、今では買うことも出来ないデザインだったりします。残念です。

 

他にも、英語のテキストブックなどもいくつか入ってました。中でも、世界で一番売れているテキストブック、English grammar in use は結構高いテキストブックなのでショックでしたね。ある程度まで進んでいたのに、盗難にあってからは勉強の意欲が下がり、未だに買い直すかどうか考えています。

 

English grammar in use は、英語で英語の文法を勉強するので、英語の本質を理解するにはうってつけの参考書だと思います。英語で理解して学んで行くので、実践的であるし、日本語を介さないので、英語脳を活性させることができます。この参考書を一冊終えた後は、英語の本やニュースなどを読むのが格段に楽になると思います。僕も途中まででしたが、かなり進んでいたので、その頃には、英文に対する恐怖感や怠さがなくなっていました

 

 

今回、紹介した English grammar in use は、アメリカ英語に特化しています。僕は、アメリカ英語圏に住んでいるので、こちらを選びましたが、イギリス英語圏に滞在している方や、興味のある方は、こちらが定番の English grammar in use となっています。

 

 

持っていて損はない唯一の英文法の参考書だと思います。ぜひ、試してみてはどうでしょうか?次、買う時は盗難にあわないように気を付けたいと思います。

 

みなさんも、海外旅行の際は是非気を付けて下さいね。

 

Tarojohn


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>