「迷惑を掛ける」は英語で何て言う? – File No. 0020



日本人ならしょっちゅう使うフレーズですが、意外と英語で出てこないフレーズの一つです。「迷惑を掛ける」は英語でこう言います。

 

to be so much trouble
to bother someone
to be of bother
make [cause] trouble (over)

 

I’m sorry to have caused you trouble.
ご迷惑をお掛けしてすみません。

Sorry to bother you at this late hour.
夜分にお邪魔してすみません。

Sorry to be a bother.
ご迷惑をお掛けしてすみません。
お邪魔してすみません。

We apologize for the inconvenience.
多大なご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げます。

 

何て言うんだろうと思うと出てこないけど、こうやって見てみるとちょっとした発想の転換で英語は言えるようになりますよ。

 

【Johnの一言】

 

確かにいろいろな言い方はあるね。もし「相手に迷惑を掛けた」というより、「相手がわざわざなにかをしてくれた」なら、’Sorry’ もいいけど、’Thank you’ を代わりに使ってみよう。

 

例えば、’Sorry to bother you at this late hour’‘Thank you for meeting me so late’ と言い換えられるよ。

ドアを開けてもらったときも ‘thank you’ とこっちでは言うじゃん。

 

ちなみに、辞書によっては以下の様な表現で出てくる事もありますが、ニュアンスが違うので気を付けて下さいね。

 

give someone a hard time.
I gave him a hard for the other day.
先日、彼に迷惑を掛けてしまった。

(※ 「先日、彼をからかった。」という意味もあります。)

 

tarojohn


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 英語ブログ 実用英語・使える英語へ
にほんブログ村

あの国.com

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>